スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

魏単ふたたび

先日、久しぶりに大戦をやりに行きました。
最近はデッキをSR諸葛亮の蜀4枚にして、馬や槍の動かし方を練習していました。
そして、久しぶりに魏5枚に戻ってきました。
デッキはSR覇者求曹操・Rカクショウ・Rカク・R楽進・UC曹皇后。SRチョウリョウ入りのデッキは魏5枚として有名ですが、神速を使いこなせない&チョウリョウの戦器もっていないので覇者求にしています。
馬単5枚って正直あまり経験がないのですが、馬の練習をしていたためか、前の5枚中3~4枚馬の時よりもうまく扱えていました。
ジュンイクがいないので相手の計略を封じるには刹那離間で短時間とめるしかなく、前よりも立ち回りが重要になっている感じ。立ち回りは馬の機動力を生かして、魏武の大強や刹那離間で相手を乱し続ける戦法。そして士気がたまったら、刹那離間&水計や覇者求&刹那離間or魏武の大強で攻める。
苦手なのが連関系と長時間の単身強化。推挙阿蒙で一撃を入れられ、それ以降は名君で守られたときはどうしようもなくなりました。イク様がいれば名君反計で攻めれたかもしれないですが、推挙阿蒙を打たれるような立ち回りな時点でミスだったと思うのでそこを反省。
次に戦ったのは飛天檄文。開幕に蔡文姫に端攻城を入れられてしまい、その後はお互いに馬の端攻城を取り合い、攻城兵と陳琳を警戒しすぎてSRホウ徳の特攻を入れられてしまい、数%の差で敗北。陳琳対策と攻城兵対策はできていたので開幕の蔡文姫のミスがなければ勝てたかもしれないっていう試合でした。

久しぶりの魏単で、馬単ってことで緊張はしていたけど、それなりに動かせてよかったと思う。
大戦3になるとイク様の玄妙反計の士気が4になるらしいので、範囲次第では非常につらいカードになるかも。でもカクカは計略変更しても使いやすさがかわらなそうなので使ってみたいなと思う。

スポンサーサイト

2007.10.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 三国志大戦

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。